ヤミ金融から身を守る

2014年4月24日 / 未分類

賃金業法が改正されたことで、従来消費者金融か適応していた、利息制限法の上限金利と出資法で定められている金利の間にあると言われたグレーゾーン金利は廃止され、出資法の金利でもある29.2%と言う金利は、利息制限法の上限金利でもある20.0%まで引き下げられています。 また、賃金業法が改正されたことにより、総量規制が適応されることになりました。 この総量規制と言うのは、年収の3分の1を超える貸し付けを行う事が出来ないと言う規制であり、既に幾つかの金融機関からの借り入れをしている人が、年収の3分の1を超える貸し付けを行っている場合は、消費者金融はその人に対して貸し付けを行う事が出来ないと言うルールになったのです。

これは多重債務と呼ばれる、複数の金融機関からの借り入れを阻止する目的などがあるのです。

総量規制が導入されたことで、通常の消費者金融などからの借り入れが出来なくなった事で、ヤミ金融と呼ばれる金融会社からの借り入れをする可能性が出てきます。 これは予防する方法としては、不当利得を支払う必要が出て来ることからも、自己管理を行うしかありません。 このような金融会社からお金を借りれば、法律で定められている金利ではなく高い金利を支払い続けることになるからなのです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る