法律違反の高金利でないか

2014年4月24日 / 未分類

お金が必要な時に、お金を借りるということができますが、借りるにあたっても法律で金利に関しては決められています。
法定のものを上回るような高金利で貸しているところというのは、数年前はもっともっとあったのですが、規制されてからはかなり減りました。
しかし法律違反をしているところからでも、背に腹は代えられないということで借りることを余儀なくされるケースというのはあります。その時はお金を借りるということで一時的には解決できるのですが、やはりどうしてもそこから先は利息を返していかなければなりませんので、なかなか難しいのです。
高利貸と呼ばれるところから借りることになるのは、どうしてもしょうがないにしても、そこから先計画的な返済ができないようでしたら、やはりほかの方法をとるしかないのです。
最終的には自己破産になるかどうかというところかもしれません。
また、法律違反をしているような高い金利のところでお金を借りていて、法定金利よりも上回って金利を払っている場合には回収できる場合もありますので、消費者センターに相談をしてみるということもできます。
大切なことは、情報を知っておくということです。
どういうところから借りるのかを検討するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る