カテゴリー「未分類」の記事

契約書を必ず受取り保管する

2014年4月24日 / 未分類

いわゆるヤミ金融業者のなかには、契約の違法性を容易に確認することができないよう、契約書の控えを借り主に交付しないものがあります。
貸金業法の規定によれば、貸金業者には法律で定められた事項が記載された書面を借り主に交付する義務があり、もし業者がこの規定に違反すれば、1年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金刑となるおそれがあるほか、貸金業者の登録の取消し対象ともなります。
万が一トラブルとなった時の証拠として、借入れの際には必ず法律に基づく書面の交付を要求することが重要です。
また、書面に記載されている内容について、詳しく確認をしておくこともポイントの一つです。
ヤミ金融業者は不法な高利で貸付けを行うのが常ですが、法律により必ず書面に記載すべき項目が欠けていたり、説明とは異なる虚偽の内容が記載されていれば、上記処罰の対象となります。
書かれている金利についても同様で、利息制限法では、貸付額に応じて15%から20%の上限金利内での貸付けを行わなければならず、この制限を超えた利息については無効とされます。また、現行の出資法の規定では、金利が20%を超えていると業者は刑事罰の対象にもなります。
書面はこうした違法性の裏付けとなるものですから、しっかりと保管しておくようにしましょう。

電話番号・銀行の口座番号などの個人情報は教えない

2014年4月24日 / 未分類

ヤミ金は暴力団等違法組織をバックに持ち、法外な金利で賃金を取り立てています。一度ヤミ金に融資を受けてしますと、借りた本人だけでなく、借りた本人の家族や勤務先、近所関係を調べあげ、電話し、借りた金の請求に走ります。ヤミ金は自らをヤミ金とは名乗りません。法の目をかいくぐるため、様々な方法で詐欺行為を行います。つまり、ヤミ金とは気づかずに融資を受けた結果、法外な金利をふっかけられることが有るのです。ヤミ金などの悪質業者を一度でも利用すると、個人情報がヤミ金業全体に流失し、その情報は取り戻すことはできません。金融業者からのダイレクトメールが毎日大量に届いたり、融資の電話がひっきりなしに訪れます。駅前の看板、街で配られるティッシュペーパー、電柱に貼り付けられている広告、ヤミ金は様々な方法であなたを誘惑しています。「あやしいな」と思ったら近づかない。電話しない。インターネットで確認したり、親しい人に相談する。これが重要です。もしも第三者から融資を行けることになっても、住所、携帯電話等の電話番号、メールアドレス、勤務先を相手に伝えない。本人のものだけでなく、自分の親族や友人の情報を与えない。あなたを守るのはあなた自身なのです。

出資法や利息制限法で定める上限金利を超える金利でないか 

2014年4月24日 / 未分類

消費者金融のキャッシングや信販会社のクレジットの利用に際しては、その利用額に応じて利息が掛かることになります。その利息を計算するための基準となるのが貸出金利ですが、この金利には上限があります。
貸金業者における貸出金利の上限を定めているのが「利息制限法」と呼ばれる法律ですが、この法律には罰則規定がないため、仮に貸金業者が貸出金利の上限を超える金利での貸出しを行った場合でも貸金業者は刑事罰を受けることはありません。しかし、いくら罰則が科せられないからといって法に反する行為は許されているわけではありません。
業者が融資を行なう際に適用される法律にはもうひとつあり、それを「出資法」といいます。この法律もまた融資を行う際の金利の上限を定めたものですが、この法律によって定められている金利の上限は「利息制限法」よりも高く設定されています。
このふたつの法律による貸出金利の差が、いわゆるグレーゾーン金利というきわめて曖昧な金利帯を生み出す原因となっています。グレーゾーン金利による利息に関しては、本来であれば消費者が支払う必要のないお金であり、これは過払い金と呼ばれています。過払い金については貸金業者に対して返還請求をすることで取り戻すことができますが、意外と手間が掛かることになります。
そのような事態にならないためにも、消費者側はキャッシングやクレジットを利用する際にはじっくりと契約書に目を通し、法律で定められている上限金利を超えた金利ではないかを自分の目で確認する必要があるのです。

法律違反の高金利でないか

2014年4月24日 / 未分類

お金が必要な時に、お金を借りるということができますが、借りるにあたっても法律で金利に関しては決められています。
法定のものを上回るような高金利で貸しているところというのは、数年前はもっともっとあったのですが、規制されてからはかなり減りました。
しかし法律違反をしているところからでも、背に腹は代えられないということで借りることを余儀なくされるケースというのはあります。その時はお金を借りるということで一時的には解決できるのですが、やはりどうしてもそこから先は利息を返していかなければなりませんので、なかなか難しいのです。
高利貸と呼ばれるところから借りることになるのは、どうしてもしょうがないにしても、そこから先計画的な返済ができないようでしたら、やはりほかの方法をとるしかないのです。
最終的には自己破産になるかどうかというところかもしれません。
また、法律違反をしているような高い金利のところでお金を借りていて、法定金利よりも上回って金利を払っている場合には回収できる場合もありますので、消費者センターに相談をしてみるということもできます。
大切なことは、情報を知っておくということです。
どういうところから借りるのかを検討するようにしましょう。

財務局長または都道府県知事の登録を受けているか

2014年4月24日 / 未分類

貸金業を営むためには都道府県内の1ヵ所の事業所を構える場合は都道府県知事で、都道府県をまたぎ2か所以上で事業を営む場合には財務局長の登録が必要になります。
貸金業法に基づいた制度であるのですが、この登録許可番号をチェックすることで、ヤミ金業者と正規の業者を見分けることができます。
消費者金融や信販会社のカードローンの申し込み欄や貸し付け条件には必ずと言って良いほど明記されており、どこに本社・本店があり、何年事業を続けているのかが把握できるようになっています。
先ず地域の財務局の名称に続いてカッコで括られた番号があります。
これは更新回数を示す数字です。
有効期限は3年で、その都度、更新手続きをとる必要があります。
もし、法律に違反するような事案が判明すれば、更新を受けることはできません。
そのため、数字が大きいほど更新を重ね、実績があるという見方もできます。
もちろん、偽りの情報も混在しているかもしれませんが、都道府県の担当部局で確認をとることができます。
もし、許可を受けていなければ、情報に上がってこない訳で、そこでヤミ金業者とみることができます。
個人でも情報の照会を受けることができるので、怪しいと思えば問い合わせをかけてみると良いでしょう。

ヤミ金融と関わりそうだと思ったら確認すること

2014年4月24日 / 未分類

金融会社には悪徳会社も存在するので、ヤミ金の可能性があるなら調べる必要があります。基本的に覚えておきたい知識として、金融会社は必ず営業するために登録を行ないます。これによってそれぞれの金融会社は登録番号を持っています。ヤミ金融の多くはこうした登録をしていないところが多いので、登録番号を調べると一発で見抜くことが出来ます。どのようにして登録番号を調べるのかと言いますと、それはインターネットを活用すれば良いです。簡単に登録番号を確認することができるので、しっかりと見抜くことが出来ます。また、インターネットから怪しいと感じた金融会社の情報を調べてみるのも効果的な方法です。インターネットなら口コミ情報で様々な評価や評判を調べることができ、悪評に関しても情報を調べることが出来ます。インターネットは情報の流れがとても早いので悪評が立つとすぐに情報が広まります。金融会社を利用するときに最も気をつけるべきことは、悪徳な会社につかまらないことであり、そのためにはインターネットから登録番号を調べたり、口コミ情報から会社の評判を調べることで、しっかりとその会社を判断することが出来ます。怪しいと感じたらリサーチすることが大切です。

買取屋

2014年4月24日 / 未分類

ヤミ金融の手口のひとつとして増えてきているのが、買取屋という手口です。これは、最近目にすることが多い、ショッピング枠を現金化する、という方法です。これはクレジットカードのキャッシング枠は限度額いっぱいになり使えなくなっても、ショッピング枠はまだ余裕があり使える人をねらった手口です。その使えるショッピング枠で、まずブランド品や電化製品などの高額商品を買わせます。その後、業者はその商品を、買った金額の3割から4割程度値段で本人から買い取ります。買い取ってもらえたことで、依頼者はその場では現金を手にすることができます。ですが、そのあとはその買った高額商品の支払いが待っていますので、結局はその支払いに窮することになってしまいます。確かに一時的には現金を手に入れることができ、潤いますが、結局はいっそう苦しい支払いが待っているだけになります。商品を買い取った業者の方は、その商品を転売して、売った以上のお金を手にします。まったくの新品ですので、ネットでも質屋でも高額で買い取ってもらえるからです。この対策として、最近のクレジットカードは、ショッピング枠とキャッシング枠を合わせるという対策を取るところが多くなっています。

整理屋

2014年4月24日 / 未分類

ヤミ金融のひとつに整理屋があります。「借金を安く一本化します」などと言う派手な広告を出して、多重債務者を誘い込みだます業者です。本来は弁護士業務である任意整理を、弁護士でもないのに勝手に交渉を行うという業者のことです。弁護士費用が払えない多重債務者に、借金をひとまとめにして支払いを楽にできるなどという甘い文句で近づきます。ですが実際には債務整理などまったくせず、手数料だけをだまし取る場合が多いです。特に悪質な場合、提携弁護士に名前だけを借りて、結局は多額の着手金だけを受け取り、あとはあいまいな対応で引き延ばすだけか、そのまま連絡が取れなくなってしまう業者もいます。また、毎月の支払い減らすと言いながら、実際にはそのお金を金融会社には返済せず、そのまま自分のものにしてしまうような業者もいます。そうとは知らない依頼した多重債務者は、支払額が減額されて債務も減っていると喜んでいたのに、実際にはまったく減っていなかったということになります。また中には、手続きに必要だからなどと言って何か理由をつけて、実印や通帳などを預かろうとする業者もいますが、結局は勝手にお金を引き出したり、それを悪用するのが目的ですので、絶対に渡してはいけません。

ヤミ金融から身を守る

2014年4月24日 / 未分類

賃金業法が改正されたことで、従来消費者金融か適応していた、利息制限法の上限金利と出資法で定められている金利の間にあると言われたグレーゾーン金利は廃止され、出資法の金利でもある29.2%と言う金利は、利息制限法の上限金利でもある20.0%まで引き下げられています。 また、賃金業法が改正されたことにより、総量規制が適応されることになりました。 この総量規制と言うのは、年収の3分の1を超える貸し付けを行う事が出来ないと言う規制であり、既に幾つかの金融機関からの借り入れをしている人が、年収の3分の1を超える貸し付けを行っている場合は、消費者金融はその人に対して貸し付けを行う事が出来ないと言うルールになったのです。

これは多重債務と呼ばれる、複数の金融機関からの借り入れを阻止する目的などがあるのです。

総量規制が導入されたことで、通常の消費者金融などからの借り入れが出来なくなった事で、ヤミ金融と呼ばれる金融会社からの借り入れをする可能性が出てきます。 これは予防する方法としては、不当利得を支払う必要が出て来ることからも、自己管理を行うしかありません。 このような金融会社からお金を借りれば、法律で定められている金利ではなく高い金利を支払い続けることになるからなのです。

TOPへ戻る